pagetop
アルミ鋳物部品・ロボットアーム部品の専門メーカー伸和工作 アルミ鋳物部品・ロボットアーム部品の専門メーカー伸和工作

事例1:ロボット製品を鋳物の部品で作りたい

D社様

現在、ロボットの製品を設計、組み立て、販売をしておりますが、現在のロボットには下記のような課題があり、解決策として鋳物を検討したい。

課題
A 既存の設計では、CNC機械加工に非常に時間がかかっており、L/Tが長い。

B 既存の設計では、ロボットが衝突したときに安定性の問題を有しています。
(何回も再校正する必要があります)

C 製品の側面は、現状、板金で作っており、ぶつけた場合、簡単に破損しています。

D 既存の設計だと、製品重量が重いです。
おそらく、いくつかのパーツで金属の厚さを減らすことができると思いますが、現状だと強度不足で薄くできません。

鋳物はあまり経験がなく、どうしたらいいか分からない状態です。

課題解決のポイント
・鋳物化により、部品製作のL/T短縮
インゴット(素材の塊)の状態から総切削にて部品を作るのはあまりにも時間がかかってしまいます。 1個、2個の試作ならまだしも、何十個、何百個と生産するなら鋳物の方がコスト的にも時間的にもメリットが大きいです。
・パーツの形状変更などの設計支援
弊社には設計技術者もいますので、CAD等を使って、強度や安定性のある形状を提案できます。
・部品ごとに最適な製作方法や材質を提案
部品ごとに必要な強度や重量があると思いますので、コスト面も含め、最適な提案をいたします。
課題解決の内容

製品の3Dモデルをいただき確認したところ、鋳造にした方がよさそうな部品が3点ありました。
ストレートな形状が多く、曲面の部分を増やすだけでも強度が上がりました。
強度を上げつつ、鋳物にしやすい形状をCADで作成し提案したところ、採用していただきましたので
あとは鋳物用に"R"をつけたり"抜き勾配"をつけて設計支援は完了となります。
鋳物/型の作成方法、切削加工方法、塗装方法など、パーツごとに一つ一つコストも含め検討し、決定していきました。

解決後

すべてのパーツの製作を任せていただくことになり、試作で10個生産することとなりました。
出来あがってみると外見もかっこよくなっており、課題解決に3ヶ月・製作に3ヶ月かけた価値はありました。

お客様の声

当初は、鋳物化するにはどうしたらいいのかを伺いに問い合わせをしたのですが、
まさか、強度UPなどの設計支援までしていただけるとは思いませんでした。
一緒に悩み答えを見つけてくれる部品メーカーはなかなかいないので非常に助かりました。
量産になった場合もまたお願いいたします。

伸和工作

アルミ鋳物・砂型鋳造・ロボットアーム部品の専門メーカー

〒399-4601 長野県上伊那郡箕輪町中箕輪

TEL 0265-79-7919 FAX 0265-79-7986
お問い合わせ・お見積り
のご依頼はこちら
伸和工作

アルミ鋳物・砂型鋳造・ロボット
アーム部品の専門メーカー

〒399-4601 長野県上伊那郡箕輪町中箕輪

お気軽にお問い合わせください!

0265-79-7919 お問い合わせ・お見積りのご依頼はこちら

伸和工作の鋳物技術・提案力

加工製品 実績

お客様の課題解決例

担当者様へのアドバイス!

会社案内MOVIE

担当者様へのアドバイス!