pagetop
アルミ鋳物部品・ロボットアーム部品の専門メーカー伸和工作 アルミ鋳物部品・ロボットアーム部品の専門メーカー伸和工作
薄肉ステンレス砂型鋳造

薄肉ステンレス砂型鋳造

2012年10月3日  (0)

ゴン社長

「削る!」仕事を始めて25年!根っからの職人気質の父から叩き込まれた「技」は骨まで染みつき、若き日に寝ずに格闘したCADも今や電卓代わり!明るく楽しく苦労するのが好きな、自称「生涯青春」の50オヤジです。

ステンレスの溶解温度は1650°ほどで、溶けていたステンレスが固まる時の収縮率は97.5%になってしまうため、アルミや鋳鉄よりずっと難しいです。
その上、薄肉となれば尚更で、砂型鋳造の場合常温の砂に一気に溶けたステンレスを流し込むため、薄肉部は一瞬で固まってしまい、肉の多いところはいつまでも固まらず、収縮率の高い分「ひけ」や「巣穴」が発生します。
これも、2~300個は生産しましたが、左中間のタップに「巣穴」発生しており、毎回どこに「巣穴」できるかわからない状態のままロストワックスに移行いただきました。
しかしながら、試作程度の数量なら自信があります。
ロストワックスの試作や、そうとう複雑なステンレスはお任せください。
こういう失敗=母がたくさん見守ってくれております。