pagetop
アルミ鋳物部品・ロボットアーム部品の専門メーカー伸和工作 アルミ鋳物部品・ロボットアーム部品の専門メーカー伸和工作
第3回	ムーミン谷の技術者たち

第3回 ムーミン谷の技術者たち

2005年2月10日  (0)

ゴン社長

「削る!」仕事を始めて25年!根っからの職人気質の父から叩き込まれた「技」は骨まで染みつき、若き日に寝ずに格闘したCADも今や電卓代わり!明るく楽しく苦労するのが好きな、自称「生涯青春」の50オヤジです。

このコーナーは、日本のヘソと言われている諏訪湖のほとりで、製造業を営むゴン社長に、記者のスワちゃんが、いろいろ質問して答えていただくコーナーです。

第3回

スワ記者
ところでゴン社長は、フィンランドの技術者たちにお会いになったそうですね。

ゴン社長
えー、フィンランドから「日本の工業視察ツアー」ということで、約20名のメンバーが、諏訪、岡谷地区にも訪れたのです。

スワ記者
やはり、町工場の社長さんたちの団体ですか?

ゴン社長
いや、工業大学の教授で工学博士とか、かなりの大手企業の技術幹部とか、そういうメンバーでした。

スワ記者
ということは、日本に学びに来たと言うより、売り込みに来たのでしょうか?

ゴン社長
日本と技術提携して共同で開発できるものを模索しているようです。

スワ記者
フィンランドと言うと、アニメのムーミンの故里ぐらいの知識しかありませんが、かなりの工業大国なんですね。

ゴン社長
大国と言えるかどうかは分かりませんが、確かに一般の世界地図で見ると北極に近いので日本より、かなり大きな国に見えますが、面積は日本より少し小さい国です。人口は半分以下の5000万人程度です。

スワ記者
日本は少子化で、このまま人口が減ったら、国力が衰えてしまうという説がありますが、半分になっても充分世界に影響を与えていけるってことですね。

ゴン社長
そう思います。食料の自給率などから見ても、道路の渋滞などを見ても、狭い国土に1億人以上居て、更に増え続けることが、いいことなのか疑問に思います。フィンランドの人口密度を日本に当てはめれば、6000万人ぐらいでちょうどいいことになります。そのくらいになれば、ゴミ問題や環境問題、住宅問題もエネルギー問題も負担が軽くなって、年金の不足分をカバーできるんじゃないかな?右肩上がりの勉強しか、してこなかった高級官僚の思考範疇外だと思うけどね。

スワ記者
人口が減少して、税収入が減っても、支出は増え続けるという計算をするから、悲観的になるんですね。

ゴン社長
国土の広さにちょうど良い人口になれば、高速道路などもガラガラに空いてきて、料金は要らないから、せっかく税金で造った道路を使って下さい!・・という時代が来るかも知れないね。

スワ記者
それこそ、道路公団問題も自然解消ですね。
そう言えば、地球上のどこかで戦争が起きて、男が大量に戦死すると、男子の出生率が高まって、地球全体では男女の比率が、ほぼ半々になるようになっているそうです。何か目に見えない大きな力でバランスを図るようになっている気がします。その意味で日本の少子化も、自然の摂理なのかも知れないと思います。

ゴン社長
太平洋のド真ん中の無人島にも、日本製のプラスチック・ゴミが大量に漂着しているそうだから、何でも水に流す国民性の日本人が、これ以上増えることは、地球にとっては、自分の寿命を縮めることになるからね。あまり増えて欲しくないサルモネラ菌みたいなものかもね。

スワ記者
うわー! 話をフィンランドに戻しましょうか。

ゴン社長
そうそう!フィンランドには、バレンタインデーが毎週有るって言っていたよ。

スワ記者 え~!?

ゴン社長
毎週水曜日が女性から男性に、愛を告白してよい日だって。

スワ記者
なるほど!内気な男性にとっては、ありがたい話ですね。年に1度「義理チョコ」貰っても、どうしようもないですからね。

ゴン社長
リナックスの開発者のリーナス・トーバルズも、ガールフレンドから愛を告白されて、結婚したそうだからね。

スワ記者
ああ!彼もフィンランド人なんですね!

ゴン社長
首都のヘルシンキ生まれだね。
1969年生まれだから、まだ35歳の青年です。1988年にヘルシンキ大学に入学して、コンピュータ工学を専攻し、そこで教材用のソフトを元に独自のOSを開発して、インターネット上に公開したのが21歳の時です。

スワ記者
秀才であり、天才ですね。

ゴン社長
やはり20代でウィンドウズを開発したアメリカのビル・ゲイツは、金銭的な成功を望んで、20年後には世界一の大金持ちになりました。でもリーナス・トーバルズは誇りが報酬だ・・と言って、開発したものを無償で多くの人に提供しています。

スワ記者
富を栄光とするアメリカン・ドリームとは対極的ですね。

ゴン社長
『人々がスポーツを楽しむように、僕はプログラムを楽しむ。ネット上にコミュニティーが生まれ、共同作業がまた面白い!お金が貰えるからやるのではなく、楽しいからやっているんだ。』と彼は言っています。

スワ記者
うーん!
ウィルスとのイタチごっこが終わらないウィンドウズは、自動車だったら走行中に火を噴く、欠陥商品です!リコールを宣言してユーザーの損失を補償すべきだと思います。フリーソフトじゃないんだから・・・。

ゴン社長
その点リナックスは、今も世界中の多くの技術者の智恵で、毎日発展を続けています。『何か問題が生じれば、だれかが改良する。プログラマーは仕事場から戻っても、好きだからついコンピュータの前に座ってしまう。創造的で賢明な彼らは意義のあることをしたがっている。経済的な理由からではない。ゲイツ氏の主張は通用しない。何年か後、マイクロソフトはウインドウズ開発をあきらめるのではないかと僕は見ている』と彼は言っています。

スワ記者
胸のつかえが取れるような気持ちです。日本でも東大の先生がトロンという優秀なソフトを開発して無償で公開し、世界的なプロジェクトになりつつあったのを、政治が潰してしまい、日本国内もマイクロソフト社の天下にしてしまいました。

ゴン社長
ああ!NHKのプロジェクトXでもやっていたよね。

スワ記者
ところがどっこい、このトロンはコンピューター以外のOSとして、今や世界を制覇してしまったそうです。家電品や携帯電話、デジタルカメラ、自動車、その他プログラムで動くものの殆んどにトロンが使われているそうです。

ゴン社長
いいモノは、バカな政治家や官僚が潰しても死なないという見本だね。

ゴン社長

「削る!」仕事を始めて25年!根っからの職人気質の父から叩き込まれた「技」は骨まで染みつき、若き日に寝ずに格闘したCADも今や電卓代わり!明るく楽しく苦労するのが好きな、自称「生涯青春」の50オヤジです。
伸和工作

アルミ鋳物・砂型鋳造・ロボットアーム部品の専門メーカー

〒399-4601 長野県上伊那郡箕輪町中箕輪

TEL 0265-79-7919 FAX 0265-79-7986
お問い合わせ・お見積り
のご依頼はこちら
伸和工作

アルミ鋳物・砂型鋳造・ロボット
アーム部品の専門メーカー

〒399-4601 長野県上伊那郡箕輪町中箕輪

お気軽にお問い合わせください!

0265-79-7919 お問い合わせ・お見積りのご依頼はこちら

伸和工作ブログ

伸和工作の鋳物技術・提案力

加工製品 実績

お客様の課題解決例

担当者様へのアドバイス!

会社案内MOVIE

担当者様へのアドバイス!