pagetop
アルミ鋳物部品・ロボットアーム部品の専門メーカー伸和工作 アルミ鋳物部品・ロボットアーム部品の専門メーカー伸和工作
CIMG5707

アルミ鋳物製 産業用ロボット部品

2012年10月4日  (0)

ゴン社長

「削る!」仕事を始めて25年!根っからの職人気質の父から叩き込まれた「技」は骨まで染みつき、若き日に寝ずに格闘したCADも今や電卓代わり!明るく楽しく苦労するのが好きな、自称「生涯青春」の50オヤジです。

アルミ鋳物は、軽い・複雑な形状が可能・設計で強度が持たせられるなどの理由から、産業用ロボットにも多く使われています。
こちらは量産対応しておりましたロボットのベース部分です。
5面方向からの加工があり、深いところにタップがあったり、ベアリングが入るための厳しい公差があったり、鋳物も巣穴なんかあってはいけませんので、それなりにハードな製品です。
中の鋳肌部は、コードもたくさん通る理由からバリがあってはいけませんし、加工代をつけた肉厚部に鋳造欠陥が出やすい製品ですのでそれなりの鋳造技術が求められます。
サイズも400mm以上なため、小さいマシニングセンターでは加工できないので#50の機械を使用しております。
CIMG5707
CIMG5706